Vol.21 ◆ T.Kさん/36歳/男性/日系コンサル会社からベトナムの会計・税務コンサル会社へ

面談に来られた時から、海外(特にベトナム)で働くことへの強い意志と覚悟を感じました。日本では豊富な実績もあり、待遇面を下げてまで海外にチャレンジする意味はあるのかと何度も確認したことを記憶しています。

 前職

 日系コンサルティング会社(株式公開支援・事業再生など)

 資格・語学  日商簿記1級 USCPA全科目合格
 転職先  会計・税務コンサルティング会社(ベトナム勤務)
■ 活動をはじめたきっかけと、転職で実現したかったこと

・国内でのコンサルティング業務では、国内需要が伸びなく明るい将来像が描けなくなってきていて、その解決策の1つとして海外(とくに東南アジア)への展開が重要になると感じたことがきっかけ

・今後伸びていく国で自分も成長したいと考え、ベトナムへ進出する日本企業のサポートをすることによって将来的な日本の成長にも貢献できる仕事を探した

■ 転職活動で苦労したこと

自分の中では新しいキャリアでの再出発を考えていたが、現状のポジションや年収もあって、現地での給与水準に合わせた選考基準から外れてしまうことがあった

■ 最終的に現職(転職先)を選んだ理由

・代表者の考え方に共感できたこと

・日系の他社と比較してベトナムの現地スタッフを多く抱えて丁寧な対応ができていること

■ これからの目標やキャリアゴールをお聞かせ下さい

ベトナムでは、日本で考える以上にビジネスの苦労がある一方で、ベトナム進出企業からの新規の仕事も増えていることと、幅広い業務が展開できることを実感した

■ 転職活動をされる方に向けて、アドバイスを一言


・5年後、10年後の自分の姿をどうイメージするかが重要

・今のポジションや待遇などを守るのではなく、何かを捨てることによってい、得るものもあるのではないか

無料キャリアカウンセリング