Vol.15 ◆ 30歳/男性/英語力とUSCPAを活かして会計未経験から監査法人へ転職

未経験でしたが、英語力となぜ監査をやりたいという明確な志望動機、ポテンシャルを評価されました。1月から勤務されていますが是非がんばってくださいね!

 前職

 派遣としてカスタマーセンター業務に従事
 (前々職は銀行にて融資審査業務に計約4年間従事)

 資格・語学  USCPA 簿記2級 TOEIC920
 転職先  中堅監査法人 会計監査及びアドバイザリー
■ 活動をはじめたきっかけと、転職で実現したかったこと

今年の7月にUSCPAに合格したことと、私生活での悩みなども解決したため転職活動を始めました。

転職活動で実現したかったことはUSCPAを活かせる国際監査の仕事につくということが一番の目標でした。
■ 転職活動で苦労したこと
在職中での転職活動は初めてだったため、やはり仕事と転職活動の両立が大変だと実感しました。

また、前職は派遣社員であったということ、未経験の分野ということ、そして年齢の面で常に不安と戦いながらの転職活動であったために、精神的な面でも落ち込むことが多かったです。
■ 最終的に現職(転職先)を選んだ理由
国際監査という、自分が正にやりたかった業務でのオファーをもらったということと、面接での雰囲気がよかったため。
■ これからの目標やキャリアゴールをお聞かせ下さい
米国公認会計士として監査業務を極め会計のプロになりたいと思っております。

また、長期的な視点でも監査法人にて国際監査のできる希少価値の高い人材と言われるように勤務していきたいです。
■ 転職活動をされる方に向けて、アドバイスを一言


転職活動は不安との戦いになる部分が大きく、特に未経験の分野への転職の場合は自分の今までのキャリアに対し必要以上に悲観してしまうことも多いと思います。

しかし、転職活動に成功したときの嬉しさは何物にも代えがたいものがありますので、不安を感じるようになったら転職活動成功後の自分を思い浮かべて想像してみてください。

無料キャリアカウンセリング