Vol.14 ◆ Y.Tさん/26歳/男性/キャリアビジョンを明確にしプロフェッショナルファームへ転職

USCPA学習中の方で、面談当初はキャリアビジョンが非常に明確というわけではなかったのですが、面談を通して転職を具体的に考え始められたところ、将来のご自身のイメージを非常に明確に表現することが出来る方でした。

「実際にやってみないとわからない」というのは、転職の際みなさんが感じられることと思いますが、・勤務開始後のイメージ・それにより得られる知識・結果として描けるキャリアビジョン、このあたりの想像力が膨らませられると面接での対応もしやすくなることと思います。

 前職

 グローバルメーカー 海外営業

 資格・語学  TOEIC805点 USCPA学習中
 転職先  BIG4税理士法人 移転価格コンサルティング
■ 活動をはじめたきっかけと、転職で実現したかったこと

転職活動を始めたきっかけは、アビタスのアドバイザーの方からBIG4税理士法人の求人紹介を受けたことでした。

それまでは、USCPA合格後にチャレンジしようと考えていましたが、悩んだ末、可能性が少しでもあるならできるだけ早く挑戦したいという気持ちが高まり、締切ぎりぎりでしたが応募することにしました。

転職活動で実現したかったことは、「経営を積むことで希少価値の高い専門スキルを持った人材になり得る職場で働くこと/グローバルな仕事ができる職場で働くこと」でした。

その点で、BIG4税理士法人の移転価格コンサルティング部門は正に望んだ転職先でした。

■ 転職活動で苦労したこと

働きながらの転職活動となったため、面接対策のための時間を捻出することに苦労しました。電車での移動時間に転職に対しての自分の考えを整理してノートに書き留める等して対応していました。

面接日程は、就職アドバイザーの方に先方とうまく日程調整して頂き、業務終了後の面接等にも対応して頂けたので非常に助かりました。

■ 最終的に現職(転職先)を選んだ理由

前職でも上司や同僚に恵まれた環境であったため、内定を頂いた後、転職すべきかどうか非常に悩みました。

しかし、最終的に転職活動を始めた頃の気持ちに立ち返り、5年~10年先の自分のキャリアを見据えた上で、折角頂いたチャンスを活かして新しいステージで挑戦する決意を固めました。

■ これからの目標やキャリアゴールをお聞かせ下さい

職種が変わり、一からのスタートとなりますが、前職(メーカーの海外営業)で得た経験やスキルを活かせる部分は大いにあると感じています。

特異なバックグラウンドを自分の強みとして、法人の中で努力を続けスキルアップ・キャリアアップを目指します。その上で将来的に、BIG4の海外事務所で働くことが目標の一つです。

また、非常に多忙な業務ですが、並行してUSCPAの早期完全合格を目指して勉強を続けます。

■ 転職活動をされる方に向けて、アドバイスを一言


転職活動はやることが多く、気力を浪費するものだと思います。特に自分の現在・将来について悩み、自分の方向性を考えることは楽ではないと思います。

私は「悩めるのは今のうち。悩むのはチャンスがあるからで、今持っているチャンスは5年後同じように悩んだ時にはなくなっているかもしれない」と考えるようにしていました。

何から始めればよいのか分からない時は、とりあえずノートに自分の思いを書き出してみてはいかがかと思います。私の場合、手を動かしただけでも一歩進めた気がして気持ちが前向きになりました。

面接で心がけていたことは、「転職先が求めるものと自分ができることを考えてリンクさせ、言葉にする。その言葉を自信を持ってプレゼンする。」という2点でした。

皆様の転職活動の成功を心よりお祈りしております。

無料キャリアカウンセリング