Vol.7 ◆ 28歳/男性/物流会社での国際物流の経験を活かし、Big4海外事務所に

専門性のあるキャリアを積みたいという意志が強く、USCPAの勉強、そして合格後のキャリアをイメージされていました。このためUSCPAの勉強開始から短い期間で全科目合格を果しています。また、仕事と勉強と並行して合格後のキャリアについての情報収集もされていました。
どのような職種でどのような専門性が身に付けられるのか、また、ご自身がどのようなスキルを身に付けたいかということをしっかりお考えになられ、最終的にBig4海外事務所を選択されました。

 前職  大手物流事業会社 営業
 資格・語学  USCPA全科目合格、英語力上級
 転職先  Big4海外事務所
■ 活動をはじめたきっかけと、転職で実現したかったこと

前職時代の経験を通して、専門的な知識、スキルがほしいと思っていました。USCPAの合格をきっかけに、会計事務所への転職を考えました。
■ 転職活動で苦労したこと
転職活動で苦労したのは、会計分野での実務経験がなかったことです。ただ、それは転職活動の苦労というよりは、終業後の苦労でもあります。
■ 最終的に現職(転職先)を選んだ理由
日本の監査法人の現状などを聞くと、あまりいい話がなく、海外のファームの方が国際的な仕事に恵まれており、自己の成長が見込めると想定したため。
■ これからの目標やキャリアゴールをお聞かせ下さい
自分の専門性を持ち、如何なる場所でもビジネスを切り開いていく力を身につけたい。現在の会社でパートナーになれば勿論嬉しいが、なれなくとも自分でファームを作れる人脈と経験がほしい。
■ 転職活動をされる方に向けて、アドバイスを一言

会社を変えようと変えまいと、専門性を身につけるのは非常に難しいと思います。

会計ファームに来れば、皆が専門性が高い人ばかりなので、差別化を図るのは大変です。海外マーケットは、競合する日本人の母体は少ないものの、一握りの人たちだけが専門性の高さを売りに、市場から絶大な支持を受けています。

自己分析、及び、市場分析をして、戦ってみてください。

無料キャリアカウンセリング