29歳/男性/翻訳業(自営業)から大手監査法人監査部門

29歳/男性/翻訳業(自営業)から大手監査法人監査部門
前職 自営業として、英語の通訳・翻訳業務を約4年
資格・語学 USCPA1科目合格(他2科目合格実績あり)、TOEIC860
転職先

大手監査法人、金融機関向け監査職

ご来社時の相談内容と転職の目的

ご来社時の相談内容

相談当初は、USCPA全科目合格後の転職を考えていましたが、会計実務は未経験であったため、もし良い案件があったら早めに実務経験を積みながら勉強をしていきたいという思いも持っていました。

また、英語力を活かし、今後幅広い経験ができるポジションを希望していました。

転職の目的・転職で実現したいこと

1:学習を継続しながら会計実務経験を積むこと。

2:英語力を活かせる業務に就くこと。

3:今後幅広い業務に携わることができる法人・ポジションであること。

キャリアコンサルタントから見た転職成功のポイント

これまでの職務で英語力・タフさを身に付けてきたこと。
現職の翻訳業を通じて英語力をブラッシュアップを続け、また前職ではスポーツチームのマネジメントを行い、激務の中、身体的・肉体的なタフさを身に付けてきました。

会計実務が未経験である、という状況で先方の目に留まる強み・ソフトスキルがあったことは、選考で良い結果が得られたことにつながっていると思います。
タイミング良く転職活動を始めたこと。
転職活動を始めた際、ちょうど大手監査法人がUSCPA科目合格者採用を開始し、タイミング良くエントリーをすることができました。

また、外資系クライアントが多い監査部門で、一部コンサルティング業務にも従事できるなど、英語力を生かして幅広い経験をしていきたい、という本人の希望にも沿ったポジションでした。
無料キャリアカウンセリング  一覧に戻る