29歳/男性/派遣の経理から、東証一部上場企業の経理職へ
前職

航空会社の客室乗務員で勤務の後、派遣社員として経理を半年間経験

資格・語学 日商簿記3級 TOEIC820 USCPA合格に向けて勉強中
転職先

東証一部上場企業の経理スタッフ(正社員)

ご来社時のご相談内容と転職の目的

■ご来社時の相談内容
この方と初めてお会いしたのは、今回の転職活動を始める約半年前となります。当時はまだ経理経験もなく簿記3級しか持っていない状況であったため、いくら書類を応募しても面接の機会すら頂けない状況でした。その時は派遣社員として経理職に就くことに決まったのですが、半年間の契約が終了する1ヶ月程前に再度ご来社頂き、今後の転職活動について擦り合わせをさせて頂きました。

勉強中であったUSCPAを何としても年内に全科目合格したいという希望と、生活をする上でもすぐに働き口を探したいという希望もあり、再度派遣社員として働くことも視野に入れていましたが、まずは正社員の職を探すように伝え、それが叶わないようであれば派遣社員も応募していくよう、計画立てて活動をしていくように伝えました。


■転職の目的・転職で実現したいこと
1: 年内の合格を目指しているUSCPAの勉強と両立できる職場環境
2: 派遣契約が終わるまでに次の仕事を見つけたい
3: できれば英語力も伸ばしていけるような環境

キャリアコンサルタントから見た転職成功のポイント

『応募できるところはとりあえず応募していこう』というスタンス
採用が決まった会社は、同じ会計分野の仕事でも他のポジションで応募をしていました。少々希望とは異なっていましたが、このポジションで応募して頂いたところ、応募している会社側から本社の経理職ではどうか、という提案があり、その後はとんとん拍子にお話が進みました。

応募する時点からあまり限定せずに、チャレンジできるところは積極的にして行こう、というスタンスが良いご縁に繋がったことと思います。全く関心が無いのであれば別ですが、少しでも関心があるところであれば、応募してみると良いかもしれません。どこで良い縁が生まれるかわかりませんからね。
明るく前向きな性格&誠実な人柄

初めてお会いした時から、明るく前向きな性格で壁を作らず誰とでも笑顔で対応できる性格と誠実さが感じられ、面接に行ったら必ず評価される人だな、と感じました。実際に応募して面接の機会を頂いた企業は3社ありましたが、3社とも経歴書類上での経験の少なさを覆す評価を頂きました。

明るさや前向きさはどんな企業であれ、マイナス面に評価されることはありません。むしろ、そのような要素は第一印象として面接官に強く植えつけられます。第一印象で良い印象を与えることが出来れば、その後の面接もスムーズに運ぶことが多いです。

 
無料キャリアカウンセリング  一覧に戻る