28歳/男性/入念な企業研究で海外赴任の可能性が高いグローバル企業へ
前職

日系メーカーにて経理・IR・経営企画など管理部門の経験5年

資格・語学 USCPA3科目合格、TOEIC740点
転職先

超大手グローバル企業、将来的に海外赴任の可能性が高い事業管理ポジション

ご来社時のご相談内容と転職の目的

■ご来社時の相談内容
一番初めに転職のご相談を頂いたのは2009年10月。
当時は、前職で勤務しながらUSCPAの勉強を始めたばかりでしたが、将来的な方向性もはっきりしておらず、どことなく自信のなさと共に線の細さを感じました。
その後、前職を辞めて1年間勉強に専念し、USCPA2科目合格の段階で就職活動を始められるため、再度、面談をさせて頂いた時には、将来的には、海外で価値観の異なる多種多様な人材のマネジメントに携わりたいという明確な目標が出来ていました。


■転職の目的・転職で実現したいこと
1: 出来るだけ早いタイミングで海外赴任を経験できる環境を希望。
2: 企業の会計に対する考え方や方針と自らのキャリアパスが合致する環境を希望。

キャリアコンサルタントから見た転職成功のポイント

ぶれる事のない明確なキャリアプランを持ち続けたこと。
上記にもあるように将来的には、海外で価値観の異なる多種多様な人材のマネジメントに携わりたいという明確な目標をお持ちであり、就職活動の選考においても、その考え方は一切ぶれる事がありませんでした。
選考を受けた他の企業との面接で、自らのキャリアプランを否定される場面もありましたが、そのような企業とは、縁がなかったと割り切り、最後まで自らが定めたキャリア構築が出来る企業を求め続けたことで、ご自身の希望に近い転職が出来たと思います。
入念な企業研究による経歴書の作成と面接対策を実施したこと。
事前の企業研究に加え、各事業・企業の求める人物像に沿って、志望先ごとに自らのアピールポイントに工夫を加えながら、職務経歴書の作成や面接対策の準備をされ、自らの言葉で企業にアピール出来た事が評価されたと思います。
素直な性格と貪欲な姿勢を持っていたこと。
規模があまり大きくなかった事もあり、前職では経理、IR、経営企画と幅広い業務を経験されていましたが、本質的にどんな仕事にも貪欲に取り組む姿勢をお持ちの方でした。
弊社からのアドバイスにも傾聴し、他の意見から何かを吸収しようとする素直な性格をお持ちであり、新しいことにも積極的に取り組む姿勢も評価されたと思います。
無料キャリアカウンセリング  一覧に戻る