31歳/男性/非上場日系メーカーから一部上場企業 経理部へ転職
前職

従業員数30名ほどの日系メーカーで単体・連結等5年ほどの経験

資格・語学 簿記2級 英語スキル中級(実務上読み書きの経験有)
転職先

東証一部上場企業 経理部(海外子会社経理、海外投資管理)

ご来社時のご相談内容と転職の目的

■ご来社時の相談内容
前職では、5年にわたり勤務をしたものの、希望とそぐわない配置転換や会社経営の計画そのものにも疑念を抱く。また、上場企業で行われているような経理処理はしておらず、このまま経理職としてこの会社で勤め上げることに不安を感じ、スキルアップできる環境を求めて転職を決意。また、英語力を高めるための勉強を継続しており、積極的に海外展開をしているグローバル企業への転職を希望。


■転職の目的・転職で実現したいこと
1:上場企業等、しっかりとした組織と厳しい経理処理を行っている企業へ転職
2:積極的に海外展開をしている企業へチャレンジしたい

キャリアコンサルタントから見た転職成功のポイント

客観的分析が良くできていた点
ご自身の5年間の経験について、よく分析が出来ており「連結の対応も含め、幅広く経験をしてきた」強みと「規模の小さい企業での経験であった」弱みをよく理解されておられました。会社側の選考にあたっては、経験されてきた企業規模について気にする傾向はございましたが、語学力向上への意欲とバランスの良さを上手く伝えられたことで、書類選考はクリアとなった印象です。その上で、参加をされた面接でもご自身に出来ることと不足している点の説明が的確であったことが今回の結果に至った一番の要因と感じています。
転職の目的にぶれがない点
転職の目的が明確であり、また客観的分析がうまく出来ていたことから、「目をつぶらなくてはいけない」点についてもご自信の中で上手く消化が出来ていた印象があります。それにより年収については、下がってもかまわないというスタンスで幅広く書類提出されていた点も良い企業にめぐり会えた要因と感じています。結果としては、企業からも高く評価され、当初の採用予算を上回る年収額の提示を頂くことができました。
英語力を高めるための取り組みと姿勢
前職で勤務を始めた当初は英語に苦手意識を持っていましたが、実務での必要性に迫られたことも影響しましたが、今後の経理職としてキャリアアップをしていく上で、語学力の向上は避けられないと考え、継続してこつこつと勉強に励んできました。その結果、実務上読み書きは抵抗なく使用できるレベルにまで向上させることができました。今回も語学力は選考要素の一つであったため、苦手なままであったら今回のチャンスは掴めなかったことと思います。
無料キャリアカウンセリング  一覧に戻る