34歳/男性/建設コンサルティング会社から外資系メーカーに
前職

建設コンサルティング会社で9年間の経理経験(海外現地法人3年半赴任)

資格・語学 英語力上級(海外赴任のご経験から英語はビジネスでも問題なく使えるレベル)
転職先

外資系企業 ファイナンシャルプランニング&アナリシス

ご来社時のご相談内容と転職の目的

■ご来社時の相談内容
ご実家でご両親の看護の必要があり、海外赴任先から日本への転職活動のご相談がありました。前職は東京に本社があり、ご実家がある場所での就業は難しく、このことが転職活動の大きな動機でした。


■転職の目的・転職で実現したいこと
1:ご実家の近くで就業できること
2:前職の海外赴任の経験を活かせるような、グローバル展開している事業会社
3:経理だけではなく新たなことにチャレンジできる環境

キャリアコンサルタントから見た転職成功のポイント

抜群のタイミング
この方のご実家がある地域は弊社のある東京から離れており、殆ど求人のご依頼を頂く機会がない地域でした。ただ、この方から転職のお申込を頂いて数日後、この地域の外資系企業から求人のご依頼を頂きました。まさに抜群のタイミングですね。転職ではこういった縁やタイミングというのも、転職成功の一つの要因であることは間違いありません。
一時帰国にあわせて面接を調整
海外から日本、もしくは日本から海外への転職活動において問題の一つとなるのが面接の調整です。電話やスカイプ、一時帰国のタイミングに合わせて日本で、もしくは現地でといろいとな方法で調整させて頂くのですが、今回の場合はこの方の一時帰国に合わせて面接を調整しました。実際に勤務をして頂く場所や、上司や同僚とお会い頂くことで入社後のイメージを明確にして頂きました。
双方の合意もスムーズに
この求人は東京から離れた地域ということもあり、なかなか企業の求める候補者がおらず採用に苦心されていました。そのよう中でのご紹介でもあり面接も採用を念頭に進めて頂きました。また、この方も事前の情報収集により、地震の希望を限りなく満たせるのでは、と考え面接に臨んで頂きました。このような状態での面接でしたので、和やかな雰囲気の面接で、選考というよりも双方の問題を取り除くお話で終始されたとのことです。この面接でお互いがご縁を感じて頂き、ご入社に至りました。
無料キャリアカウンセリング  一覧に戻る