35歳/男性/日系メーカーグループ会社勤務から大手電機メーカー経理部へ転職
前職

一部上場メーカーグループ会社出向勤務(経営管理業務)3年半

出向前に9年間の本社経理経験有
資格・語学 簿記2級・USCPA全科目合格・英語読み書きレベル
転職先

一部上場電機メーカー経理部 IFRSプロジェクトチーム

ご来社時のご相談内容と転職の目的

■ご来社時の相談内容
前職に勤務しながらUSCPAの勉強に取り組んでおり、2科目に合格した時点で一度ご来社頂き、今後のキャリア構築についてご相談を承りました。当時は『USCPA=監査法人』という漠然としたイメージしか持っておらず、監査法人の転職市場についての情報収集を目的にご来社頂きました。ただ、その後、何度も将来のキャリア像についてヒアリングと刷り合わせを重ねていく中で、『USCPA=監査法人』という方向性はなくなり、最終的にはプロの経理マンとしてスキルアップすることを目標とし、USCPAに全科目合格をした後、転職活動を行うことになりました。


■転職の目的・転職で実現したいこと
1:日米の会計知識と経験を活かしながら経理マンとしてスキルアップできる環境
2:これから対応を必要とされるIFRS関連業務に関われるポジション

キャリアコンサルタントから見た転職成功のポイント

資格の勉強中の段階から、合格後の方向性を意識
難易度の高い資格にチャレンジすると、勉強だけに集中してしまい視野が狭くなりがちです。上記記載の通り、実際にこの方も最初の相談時には『USCPA=監査法人』という考えがあり、視野の狭さが気になりましたが、弊社コンサルタントからのアドバイスをきっかけに、自分自身で合格後にどうしていくか深く考え、将来の方向性を見定めたことにより、合格後すぐに転職活動に移ることができたことで、良い求人に巡り会えたのだと思います。求人は『生もの』です。合格してから将来を考える、その一時の遅れが機会損失になる可能性もあります。また、合格後の目標を定めることは試験勉強へのモチベーションに繋がると思います。
面接前に企業研究を綿密に行ったことが、面接時に大きなアピールに
彼が正式に応募したのは2社のみ。転職活動にしては少ない方だと思いますが、数ある案件の中から吟味して絞り込んで応募をするというスタイルで活動を行いました。TVやインターネット、新聞等で企業の最新情報をチェックしたり、有価証券報告書を見て企業の財務・経営状況を把握したりと、応募企業1社にかける研究時間をしっかりと確保することができました。面接でも志望動機をしっかりと伝えることができたため、他の候補者との差別化という意味においても選考に大きくプラスに働きました。彼のようなスタイルが皆様に当てはまるわけではないと思いますが、限られた時間であっても、面接に行く前には企業研究に真剣に取り組むことが重要であると考えています。
経験を補うべく取得した資格面が、内定の最終的な決定打に
彼の一番のウィークポイントとして挙げられるのは、直近の経験で経理業務から3年半ほど離れていること。経理に戻ることを目的とした転職活動において、会計制度が日々変わる中、これは大きなマイナスポイントとなりえます。転職成功のポイントは、経営管理という仕事をする中でも会計の勉強を怠らず続け、USCPAという強い資格を取得したことが高く評価されました。IFRSプロジェクトチームの募集で一つの採用枠を争って、他に数名候補者がいたようですが、日本基準での経理を経験し知識で米国会計基準を習得したことが、内定の最終的な決め手となったと伺っております。

無料キャリアカウンセリング  一覧に戻る